更新日:2016年9月24日


NEW



ご承知の如く、パーリ仏典『清浄道論』は、仏陀本来の教えを知るためには必ず読まなければならない論書と言われております。


 和訳 『清浄道論』(Visuddhi-magga)全二十三品   
電子文書 (1379頁) CD-R 全23枚(1セット)本体価格 ¥29,500円
パーリ語文字対応:Normyn True Type フォント

※既発行CDシリーズ『清浄道論』全210枚付属小冊子の「日本語訳」だけを取り上げて電子文書化!
貴方のパソコン・プリンターでA4サイズに拡大印刷 読みやすいです!(Microsoft Word版) 


 この電子仏典CD-R1枚を持つことによって何十冊もの教材(A4サイズ・ファイル)が作れます。グループ学習会を主催されている方々にとってうれしいニュースです!






2016年9月1日(金)から発売再開です!



【内訳】分売可

  NO                         内容 本体価格 A4サイズ頁
 第一品  因縁等の論 『戒の解釈』 
 仏陀は、何を私たちに説かれたのか?
 「正しい戒めを受保しながら、輪廻からの解脱を目指すにほかならない」と説く!
¥1,500円  90頁
 第二品  『[十三]頭陀支の解釈』
 仏道修行に適した環境とは?
 衣食住についての煩悩を払い落とすことを説く!
¥1,000円  44頁
 第三品  『業処把持の解釈』
 ウィパッサナー観法のための準備運動! 所縁をしっかり受け取り瞑想をする
 ことを説く!
¥1,500円  58頁
 第四品  『地遍の解釈』
 仏陀が説く「四十業処」の冒頭に位置する本経は、 禅定作用の基本中の
 基本を説く!
¥1,500円  79頁
 第五品  『残余の遍の解釈』
 水遍・火遍・風遍・青遍・黄遍・赤遍・白遍・光明遍・虚空遍・雑論を説く!
 ¥500円  19頁
 第六品  『不浄の業処の解釈』
 十の不浄相の随観により肉体(=色)への煩悩を滅して、
 さらに近行定・安止定へすすむ!
¥1,000円  34頁
 第七品  『六つの随念の解釈』
 仏随念・法随念・僧随念・戒随念・捨随念・天随念、そして雑論を説く!
¥1,500円  60頁
 第八品  『随念業処の解釈』  
 穏やかに「死」を受け止める『死念論』、身体に関する三十二部分の不浄観察を
 説く『身起念論』、 坐禅に励む人にとって待望の『入出息念論』、 涅槃を
 所縁にとる聖道作用を説く『寂止念論』が収められている。
¥2,000円  124頁
 第九品  『梵住の解釈』
 怒りを打ち砕く『慈の修習論』、危害を加えることを打ち砕く『悲の修習論』、
 楽しくないことを打ち砕く『喜の修習論』、貪欲を打ち砕く『捨の修習論』
 及び雑論を説く!
 
¥1,500円  58頁
 第十品  『無色界の解釈』
 悟りの境地ではない無色界における無上甚深微妙な法を説く!
¥500円  29頁
第十一品  『定の解釈』
 食欲を抑える想の修習『食厭逆想の修習』、自分の身体を地・水・火・風の
 要素から随念して近行定に入る『四要素区分の修習』を説く!
¥1,500円  69頁
第十二品  『神変の解釈』
 五神通の一つであり、決意の神通・変化の神通・意所成の神通を説く!
¥1,500円  61頁
第十三品  『神通の解釈』
 五神通の残りの四つの「天耳要素論」、「他心智論」、「宿住随念論」、
 「死生智論」、そして「雑論」を説く!
 
¥1,500円  59頁
第十四品  『蘊の解釈』
 心身を構成する五蘊(色・受・想・行・識)を中心に、五つの智慧、心・心所法、
 十四心作用などを説く!
¥1,500円  89頁
第十五品  『処・要素の解釈』 
 前号に引き続き、認識関係における諸要素は、無常・苦・無我であると説く!
 ¥500円  24頁
第十六品  『能力・真理の解釈』
 (1)信・精進・念・定・慧などの「二十二の能力(=根)」が説かれている。
 (2)仏教の根本教理である縁起説を解り易く他の人のために解かれ示された。
¥1,500円  63頁
第十七品  『智慧の段階の解釈』
 縁起を観る人は 法を観る、 法を観る人は 縁起を観る、 
 法を観る人は 仏を観る!
¥2,500円  168頁
第十八品  『見清浄の解釈』
 名色の区別、把持によりて「我見」から離れることを説く! 「五清浄」の一つ!
 ¥500円  26頁
第十九品  『度疑清浄の解釈』
 名色の過去・現在・未来に関する疑惑を越える智慧を説く!
 ¥500円  18頁
第二十品  『道非道智見清浄の解釈』
 悟りに導く道か、それに非ずの道かを判断する智慧を説く!
¥1,500円  62頁
第二十一品  『行道智見清浄の解釈』
 悟りの道・果への行道、欲界・色界・無色界の三界の諸行を
 無常・苦・無我と智見し清浄なる智慧を説く!
¥1,500円  59頁
第二十二品  『智見清浄の解釈』
 七つの清浄の最後にあり、 悟りの聖道作用は、智見清浄のみにおいて
 行なわれる!

¥1,500円  54頁
第二十三品 『智慧の修習の利益の解釈』
 悟りを得た聖者の「果定作用」「滅尽定作用」について説かれている!

¥1,000円  32頁
合計¥29,500円  1379頁










更新日2010年7月11日


対応: Windows XP  Windows Vista  Macintosh OS X  Adobe Reader 8 


【電子文書PDF形式CD-R版】パーリ語仏典シリーズ発行一覧表 
T-1
『清浄道論』第十一品
『食欲を抑える想の修習』

 食習慣の乱れがクローズ・アップされている現代、「食」に対して認識すべきことを仏教本来の立場から説く。

 監修:ウ.スセンナ比丘、訳注:北嶋 泰観  定価¥750円+税
Abobe Reader 8にて内容一部をご覧になりたい方は、ここをクリックして下さい。
T-2
『清浄道論』第九品 
『梵住の解釈』

 「慈・悲・喜・捨の修習」及び「雑論」。いじめの問題を考える上でも是非知っていただきたい釈尊の教え!

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥1、800円+税
Abobe Reader 8にて内容一部をご覧になりたい方は、ここをクリックして下さい。
T-3
『清浄道論』第二品
 『十三頭陀支の解釈』

 仏教本来の瞑想修行に適した環境とは? 衣・食・住についての煩悩を払い落とすことを説く。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観  定価¥1、500円+税
T-4
『清浄道論』第三品
 『業処把持の解釈』

 ウィパッサナー観法の基礎トレーニング、準備運動、原動力! 所縁をしっかりと受け取ることを説く。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥1、800円+税
T-5
 『初転法輪経』

 鹿野園にて五比丘に説かれた最初の教説、楽と苦の両極端を離れた中道と仏教の根本の教えである四聖諦八聖道を説く。

 監修:ウ.ケミンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥500円+税
T-6
 『無我相経』


 初転法輪の五日後、再び五比丘に対して仏陀が説く。-「肉体・精神を構成している色・受・想・行・識は、我の状態ではない、非我である」と。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観  定価¥500円+税
T-7
 『小誦経』


 仏道入門者が最初に学習する仏典!

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、
訳注:北嶋 泰観  定価¥750円+税
T-8
 『六方礼経』


 「在家者の律」とも呼ばれ、仏教信者の家庭において不可欠なお経として大事にされている。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、
訳注:北嶋 泰観  定価¥750円+税
T-9
 
『正見経』


 「自分は、何故、この世に生まれて来たのか?」という質問に答える。小部経典と中部経典から説く。


 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、
訳注:北嶋 泰観  定価¥1、000円+税
T-10
 『大念住経』

 これまで瞑想と言えば坐禅しか知らなかった私たち日本人に大きな衝撃を与えた本経は、ウィパッサナー観法の理論的な指導にとどまらず、仏教の基本的な教理についても説かれている重要な仏典の一つであります。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥1、000円+税
 
T-11
 パリッタ勤行』 -比丘・在家信者ー 

 日本人にほとんど馴染みがなかったパーリ語(=仏陀の言葉)のお経が、比丘用・在家信者用の「勤行」の形で紹介されております。上座部仏教国ビルマ版『日常勤行』の、日曜日から土曜日までの完全収録です。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥1、500円+税

T-12
 『梵網経』

 本経は、仏教思想を学ぶ上で、最も重要な基本経典の一つであります。二部からなり、第一部は「戒律」について、第二部は当時のいろいろな宗教の教えの「我」と「世界」に関する教えを比較しながら仏教独自の立場を明らかに説く。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥1、500円+税

T-13
 『沙門果経』

 本経は、六師外道、沙門の果報、大・中・小の戒律、六根、正念と正知、五蓋の捨断、足るを知る、四つの禅定、観智、神通力、漏尽智などを説く、仏弟子必読の経典の一つとして有名であります。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥1、500円+税
T-14
 『長老偈経』

 今日、律蔵の立場から見れば、比丘尼サンガは存在しないが(Dhp-U.P428参考)、本経に説かれている高いレベルの仏教的な理想と論理的な教説を学習する女性が、年々、増えていると言われる。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥1、500円+税
T-15
 『感興偈経』

 本経は、全八品、各品十経八十経であり、各経は偈文部と散文部とに分かれている。本来の意味でのウダーナは、偈文部であり、散文部は、仏陀が折りに触れ発せられた感興の言葉の理由と目的とを物語っている。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥1、500円+税
T-16
 『大般涅槃経』

 本経は、ビルマ版Vin.大品P66~P138、PTS版長部経典ⅡP72~P168に収められている。仏陀が、晩年にラージャガハを出発されてからクシナーラーで入滅されるまでの最後の旅路を記述した経典です。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥2、000円+税
T-17
 『如是語経』

 本経は、四つの集篇・百十二経からなる。各経には散文部と偈文部とがあり、仏教を正しく理解する上で重要な語句がアビダンマ的に説かれた少しレベルの高い仏典であります。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥1、800円+税
T-18
 『長老偈経』

 本経は、序文と本文二十一章千二百八十八詩句より成る。自ら仏陀の直弟子となり、仏法の学習・実践に精進した結果、最高の幸福(=涅槃)の境地を得られた二百六十四名の長老たちの、修行体験から出た珠玉の言葉を集めた仏典として有名であります。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥3、800円+税
T-19
 『スッタニパータ』

 本経は、パーリ仏典の中で最も古い部類に属し、仏陀の言葉に最も近い詩句を集成した仏典の一つとしてたいへん有名であります。五章に分かれ、七十二経千百五十五詩句より成る。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥3、800円+税
T-20
 『パリッタ経典集十一』

 『パリッタ勤行』の中で唱えられている十一の経典を収録したものです。吉祥経、宝経、慈経、蘊経、孔雀経、鶉経、旗先経、阿吁曩胝経、指鬘経、覚支経、晨朝経。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥750円+税
T-21
『清浄道論』第四品
『地遍の解釈』

 仏陀が説かれた「四十の禅の修行(四十業処)の第一番目に位置する『地遍』は、「十遍」の 学習・実践を深く理解する上でも重要な仏典であります。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観  定価¥2,000円+税

T-22
『清浄道論』第五品残余の遍の解釈

 身の回りの自然を所縁にしての禅の修行! 水遍・火遍・風遍・青遍・黄遍・赤遍・白遍・光明遍・限定虚空遍そして雑論が説かれている。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥750円+税
T-23
『清浄道論』第六品不浄の業処の解釈

 『十の不浄相』の随観によりて異性の肉体に対する煩悩を消え去ると同時に、さらに近行定・安止定と色界禅定へすすむことも説かれている。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥1、500円+税
T-24
『清浄道論』第七品六随念の解釈

 仏随念・法随念・僧随念・戒随念・捨随念・天随念、そして雑論が説かれている。四十業処中の『六随念』のことである。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥1、800円+税
T-25
『清浄道論』第八品随念業処の解釈』(1)『死念論』

 観念して、死を穏やかに受け入れる瞑想法が説かれている。十随念の一つである。

 監修:ウ.ウィッジャーナンダ大長老、訳注:北嶋 泰観   定価¥1、000円+税


これは、既刊「パーリ語仏典CDシリーズ」利用者の次のような声から生まれたものであります。

CD付属の「ローマ字表現パーリ原文対訳小冊子」はコンパクトにまとめられているため通勤・通学時でも読むことが出来て便利な反面、文字が小さい、破れたり、汚れたり、紛失したりする。

「対訳小冊子」の冊数が多すぎる。例えば、CDシリーズ第13号『長老偈経』全CD20枚は付属の小冊子も二十冊であり、バラバラになり易く、一気に通読するためにも一冊に合冊して欲しい。

本格的にじっくり学習する上で文字が大きく読みやすい「テキスト」のようなものが欲しい。特に、『清浄道論』など内容の深い仏典の場合、耳から聴くだけでは理解しにくいところが多々あります。その内容を理解してから再び耳で聴く方がより仏陀の教えに深く触れるような気がする。




今回、皆様方の声をこのような形でようやく具体化することが出来ました。これが、パーリ仏教を学習されている皆様に少しでもお役に立つならば、幸甚でございます。

【使用方法】
①この「電子文書PDF形式CD-R版」をパソコンCD-R/RWドライブに入れる。
②マイコンピュータをクリックして、CD挿入のドライブをダブルクリック。
③「現在CDにあるファイル」から挿入したファイルを選択してダブルクリックしますと、パソコン画面に文書が表示されます。

【有効な利用法】
この「電子文書PDF形式CD-R版」を有効に使用する方法の一つとして、例えば、パソコンに保存した後、紙に印刷すれば、一冊の私的な「テキスト」が出来あがります。又、既刊『パーリ語仏典CDシリーズ』との併用によって、大きなパソコン画面で仏典を読みながら、同時に耳で聴くことも出来ます。

【同時に聴く・読む方法】
①先ず、パソコンに保存された電子文書ファイルを開きます。
②次に、Windows Media Playerを選択して、クリックします。
③お経が収録されているCDをCDドライブに挿入して、「オーディオCDの再生」を選択してクリックします。
④「目次」を参考にして、「CDその(2)」からもスタートさせることが出来ます。

対応: Windows XP  Windows Vista  Macintosh OS X  Adobe Reader 8 




【国立国会図書館への寄贈リスト】
2009年6月 現在

これらの寄贈品が、パーリ仏教を学習されている一般の方々や学生諸君の間で広くご利用していただければ、うれしい限りであります。

NO パーリ仏典名 枚数 CD-R内に収録されている「読者からの質問集コーナー」記事の有無とそのテーマ 資料問合わせ番号
 T-1  『清浄道論』 第十一品 
『食欲を抑える想の修習』-食厭逆の修習ー 
 1 有り
ー 「食」に対するお釈迦様の教え! ー
0001835571
T-2
『清浄道論』 第九品
『梵住(慈・悲・喜・捨)の解釈』
有り
ー 「いじめ」の問題について ー
0001835577
T-3
『清浄道論』 第二品
『十三頭陀支の解釈』
有り
ー 仏教本来の瞑想修行に適した環境について ー
0001835580
T-4
『清浄道論』 第三品
『業処把持の解釈』
有り
ー 自分に適した所縁(業処)をしっかり受け取り瞑想する ー
0001835582
T-5
『初転法輪経』
有り
ウ.ケミンダ世界平和パゴダ僧院長猊下
ミャンマー政府から特別功労賞授与、記念インタビュー!
0001835606
T-6 『無我相経』 無し 0001835609
T-7 『小誦経』 無し 0001835612
T-8 『六方礼経』 無し 0001835614
T-9 『正見経』 有り
ー 自分は、何故、この世に生まれて来たのか? ー
0001835618
T-10 『大念住経』                            有り
①「仏教独自の教えとは?」
②「仏教独自の瞑想について」
③「ウィパッサナー(観の修習)」
④「止と観の違う点について」
⑤「自分の法において法を随観する、
他の法において法を随観する、自他の法に
おいて法を随観するについて。
⑥生法なりと随観する、滅法なりと随観する、
生滅なりと随観するについて。
⑦「身体の苦について」
⑧「無我について」
⑨「不浄について」
0001835623
T-11 『パリッタ勤行』 比丘・在家信者用 無し 0001835629
T-12 『梵網経』 無し 0001835632
T-13 『沙門果経』 無し 0001835638
T-14 『長老尼偈経』 無し 0001835644
T-15 『感興偈経』 無し 0001835646
T-16 『大般涅槃経』 無し 0001835650
T-17 『如是語経』 無し 0001835652
T-18 『長老偈経』 無し 0001835655
T-19 『スッタニパータ』 無し 0001835658
T-20 『パリッタ経典集十一』  無し 0001835667
T-21 『地遍の解釈』 有り
ー 上手に瞑想が出来るポイントについて -
0001927430
T-22 『残余の遍の解釈』 有り
ー 『仏性』は本当にあるのでしょうか? -
0001927398
T-23 『不浄の業処の解釈』 有り
ー 墓場での死体の随観について どのようにして初禅に入ることができるのでしょうか? -
0001927359