- The International Theravâda Buddhist Missionary University -

寄贈ニュース
 2002年1月、奈良県在住の川端照道氏(真宗仏光寺派前宗務総長)ご夫妻が同上座部佛教大学を表敬訪問、本会発行パーリ佛教CDシリーズ 第1号 「パリッタ勤行(パリッタ)」比丘用・在家信者用CD14枚とパーリ邦訳テキスト1冊をウ.サ・トゥン・マ・ウィン(U. Htun Hmat Win)外国語部長を通じて同大学図書館に寄贈されました。同氏は、第6回仏典結集(開催国ビルマ)に30名の日本人青年僧侶の一員として参加、約1年間比丘生活を体験。以後、佛教を通じての両国の交流に尽くされている。
 この川端師を通じて本会発行パーリ語仏典『ダンマパダ』アップグレード版全一巻も同図書館に寄贈されました。本書が留学中の日本人学生諸君のお役に立てれば、幸甚です。




 1998年12月、世界で初の上座部佛教大学がミャンマー国の首都ヤンゴン近郊のダンマパーラ・ヒルに開校。広く門戸を開き、外国人留学生のための学士課程も開設。約千年の歴史があるミャンマー佛教の教理、教学と解釈、ヴィパッサナー観法の学習と実践などの授業が受けられる。教授陣は、パーリ語仏典に関する深い知識を持ち、学術的な業績も挙げている高名な長老や佛教学者の方々です。

学長 シーラナンダ大長老(Bhaddanta Silânandâ bhivamsa)

1929年12月16日生まれ、出家、1954年1955年サーサナヒタ協会主催及びパーリ語検定国家試験のダンマチャリヤ学位(Dhammâ-cariya)を修得、1993年ミャンマー政府からAggamahâ Pandita(最高の学僧)を授与される。その前後の渡米中、オークランド、ラゴス、フロリダなどで上座部佛教の布教に努める。母国のマハーシ・サーサナ僧院の教誡師を兼任、現在、米国のカルフォルニア州にあるダンマナンダ僧院にて布教活動に従事、同師の指導を受けた日本人も結構多いと聞きます、2005年、米国にて死去。

【主な教授陣】

Dr.Bhaddanta Neminda(副学長):1943年生 Bhaddnta Kumârâ bhivamsa(学部長):1929年生
Bhaddanta Pañña Dipa(学部長):1924年生 Dr.Bhaddanta Âdiccâbhivamsa:1949年生
Bhaddanta Candâvarâbhivamsa:1949年生 Sayadaw Bhaddanta Dr.Revata Dhamma:
Sayadaw Bhaddanta Pannavamsa:1928年生 Bhaddanta Nanissara(名誉教授):1936年生
Dr.Bhaddanta Nandamâlâbhivamsa:1939年生 Sao Htun Hmat Win(外国語学部長):1925年生

※ウ.サ・トゥン・マ・ウィン(U. Htun Hmat Win)外国語部長
 日本の大学を卒業後、ハーヴァード大学で比較宗教学を専攻、母国ラングーン大学で教鞭をとった後、宗教省の顧問として活躍、佛教に関する多くの著作があり、英語・日本語・パーリ語・ヒンディ語・中国語・ドイツ語に精通した学者。同氏曰く「通常の授業は英語で行います。1〜2ヶ月間実際に比丘となって体験することも可能なスペシャル・スチューデントも考えております。授業料や寮費、食事は大学側が持ちます。くわしいことは駐日ミャンマー大使館で聞いてください」と。           ※一部(社)日本・ミャンマー友好協会会報第111号参考

【日本人留学生の条件】
1.高校卒業程度の英語の読み書き・会話ができる者。

【入学試験】
1.英語による筆記試験。
2.佛教に関する一般教養試験。
3.英語による面接試験。

【入学願書受付】
駐日ミャンマー大使館内  〒140-0001 東京都品川区北品川4−8−26
                          電話 03-3441-9291

※留意点
  この大学で学ぶ外国人留学生の生活支援は、軍事政府ではなく、熱心な仏教徒であるミャンマー国民一人一人の善意の施しによって支えられていることを忘れてはならない。

1998年国別留学生数

no 男性信者 女性信者 合計 備考
1 オーストラリア
2 バングラデシュ
3 カナダ
4 中国
5 ドイツ
6 インド
7 日本
8 韓国
9 ラオス
10 マレーシア
11 メキシコ
12 ネパール
13 パナマ
14 ロシア
15 スリランカ
16 シンガポール
17 タイ
18 ベトナム 11
合計 27 54