ー あとがきに代えて ー

  初めてパーリ語のお経を耳にしたのは、1975年五月、スリランカを訪問した時であった。托鉢をする比丘の姿にたいへん新鮮な印象を受けたのを今も覚えている。 これが縁となりパーリ上座部仏教に興味を持ちはじめた。

その分厚い原稿の束を見ながら、「いつの間にこんなに枚数が増えたのか?」と改めて思う。 仏教を正しく知りたい―心からはじまったこの『ダンマパダ』の学習は、当初、英訳詩偈の簡単な解釈からはじまった。 しばらくして、次に詩偈の背景となった因縁物語に興味を持った。その頃から世界平和パゴダ僧院管長(当時)ウ.ウェープッラ大長老猊下と知遇を得、時々教えを乞うようになった。

本格的にご指導を受ける機会に恵まれたのはウ.ウ"ィッジャーナンダ大長老猊下になってからである。 2〜3ヶ月ごとに持参した約30枚程度の翻訳原稿を同師にチェックをしていただき、監修の済んだその原稿には赤いボールペンで訂正個所が紙いっぱいに追筆され、赤い部分が多ければ多いほど楽しく嬉しかった。 

その昔、『パーリ語文法』 『パーリ日本語辞典』 『パーリ英語辞典』『英語パーリ辞典』 を手に持ち、独学で翻訳に挑んだが、難攻不落の城の如し、まったく歯が立たなかった。 しかし、同師からマン・ツー・マンの教授を受けはじめてからは、ちょうど本丸を目指しながら少しずつ外堀を埋めて行くような気分となり、たいへん楽しく心強かった。その気持ちは学習がすすむにつれてますます強くなっている。 

対機説法の形をとる『ダンマパダ』の詩偈には一見やさしそうな表現の中にもたいへん意味深い語があり、その単語の意味を正しく知り、その背景も理解しなければ、間違った解釈をしてしまう点など同師から指摘され、そのため、語句の解釈などアビダンマ的な要素を理解する必要が生じた。 

さらに各詩偈の中で部分的に註釈した語句を別のページの中で 「心法」 「心所法」 「色法」 「涅槃」 に分けて基本的なことがらを理解しなければ、仏教本来の教えについて、初級的な理解も得ることが難しいのではと論された。その結果、新たに 「付録」編を作り、ダンマパダの内容と関連させながら、今日的な問題も取り上げて立体的な理解を得ることを試みたのであるが・・・・・。

本書は、最初からこのような形で出版するとはまったく考えていなかった。四年前の春、「この五部を一冊の本にまとめてみては?」というウ.ウ"ィジャーナンダ大長老師の一声がきっかけとなった。

ちょうど『ダンマパダ』五分冊をようやく自費出版し終えた直後であったが、しかし、すぐに返事ができる状態ではなかった。その当時、しばらく考える時間が小生には必要であった。 何故ならば、1995年一月十七日に発生した阪神淡路大震災によって被害を受け、他県に避難しながら続編四号・五号の発行を終えた直後であったからである。 もちろん、このような事情を十分に知った上での同師の進言であった。 「・・・・学習がすすんでいるこの時期を逃してはならない」 と。 ― これが理由である。

本書の特徴を一言で言えば、ウ.ウ"ィジャーナンダ大長老師からパーリ語文法をはじめ、詩偈の翻訳、詩句の註釈、その他全般にわたり直接指導を受けたことに尽きる。 同師のご指導がなければ、決して本書は生れなかった。これはまぎれもない事実である。 

今から8年前、和歌山県高野山の一寺ではじめて同師を紹介された。 その時、近々ビルマに帰国される『ダンマパダ』 第一号監修者ウ.ウェープッラ大長老猊下に代わって続編の監修をお願いすると快く引き受けて下さった。 それから以降今日に至るまで、前述の如く、世界平和パゴダ僧院を訪問しては翻訳した原稿を同師に手直ししていただき、パーリ上座部仏教についていろいろな角度から指導を受け続ずけたのである。 学識と語学力不足の小生が出すいろいろな愚問に対していつも親切丁寧にお答えくださり、電話やFAXによる質問に対しても快く応じて下さった。 日本におられない時などは、ミャンマーまで国際電話をかけたこともあった。真に感謝の一語に尽きる。

本書出版に際して、ウ.ウ"ィジャーナンダ大長老師をはじめ名著 「南方仏教哲学教義概説」 の訳注者戸田道覚(忠)禅師猊下、「ビルマ仏教」 の池田正隆先生から貴重な助言と激励の言葉を賜り、たいへん勇気ずけられた。 又、本書印刷については塚田印刷株式会社の方々からアドバイスをいただき、お蔭様でこのような形の本に仕上がることが出来た。 又、長期にわたり、いろいろ迷惑をかけ続けた家族に対して、この場をかりて厚く御礼を申し上げたい。

最後に、次のエピソードをもってしめくくりの言葉とする。

4年前(1996) の夏、ミャンマー国から四名の僧院長とその弟子や世話人など総勢19名が奈良・京都を訪問された。日本で『ダンマパダ』を翻訳発行しているという理由から小生も招待を受け、ご一行と共に3日間にわたり法隆寺をはじめ東大寺、比叡山、銀閣寺、興聖寺、平等院、東寺などを見学、そしていよいよ東京へ帰られる直前に一人の大長老猊下に次の質問をした。


質問: 「尊者よ、日本において上座部仏教は北九州の世界平和パゴダ僧院を中心に各地に広まって来ております。これからも日本に広まるでしょうか?」

大長老:「もし、日本に智者(Pandita)がいるならば、仏教の教えは必ず広まります。しかし、人々の中に智者がいなければ、仏陀の教えは正しく広まることがありません。 唯、 それだけのことです」 と。



2000年5月

                                                    筆者しるす