パーリ語仏典『ダンマパダ』 アップグレード版全一巻



ーまえがきー

仏教は、世俗的な人間関係から離脱して、純粋に自分の心を対象に深い観察を続ける中、悟りの智慧によって自ら無上の幸福を得る宗教であると言われている。

『ダンマパダ』(Dhammapada)は、この仏陀の生の声を収録した仏典最古の聖句集である。ここで言うダンマ(Dhamma)とは法・真理、パダ(Pada)とは句・言葉という意味がある。パーリ五部経典の小部の第二経に位置する、26品全423詩句から成る仏典である。後に、詩句がいかなる機縁で仏陀によって説かれたかについて註釈したものが編纂され、仏陀の教えがより具体的に理解されるようになった。

ミャンマー・タイ・スリランカなどの上座部仏教(Teravada Buddhism)の国々では、古くから説法師が在家信者一人ひとりに法を説くその内容の多くはこの『ダンマパダ』から引用されていると言われ、又、第一回仏典結集(仏陀入滅年)から近年の第六回(仏滅2500年)仏典結集において必ず合誦されてきた歴史がある。

我が国では、仏教が奈良時代に国家によって採用された時、官立寺院としての東大寺を総国分寺とする国分僧院・国分尼寺が建立され、国家が自ら寺院と僧尼を所有して法華経を読誦させ護国繁栄を祈らせたようである。それ以来、日本の仏教は仏陀本来の教えから離れて、国家権力の御用学として歴代の権力者たちの走狗としての役割を担う歴史をもったと一部では言われている。

我が国には漢訳仏典のみが伝えられ、パーリ語仏典についてほとんど知られず、『ダンマパダ』の価値も十分認識されなかった。しかし、明治時代以降、正しく仏教を理解するためには仏陀の言葉によって説かれたパーリ語仏典を学習する必要性があるとようやく一部の知識人の間で認識されはじめ、『ダンマパダ』の詩句の邦訳が世に出るようになった。

本書は、『ダンマパダ』を通じて仏教に関する基礎的なことを理解したい一心からスタートした。そのために詩句の邦訳・詩句のローマ字表現によるパーリ原文・詩句の英訳・詩句の背景となった因縁物語・語句の註釈・「付録」・索引と、学術的見地からだけでなく、一般の人々にも気軽に読めて理解されやすいことを念頭に編集したものである。

先ず、詩句の邦訳は、パーリ語本来の意味を大事にしながら、わかりやすい表現を第一とした。又後記の「付録」にも使えるように一部を専門的な表現とした。その専門的な部分は因縁物語の中で改めてわかりやすい表現に変えたり、あるいは註釈の中で補足している。

詩句の英訳は、別の角度から光を当てるが如く、詩句の意味をストレートに理解するために挿入した。知人のMr.Jonathan Tarbox氏をはじめ、Ken & Visaka Kawasaki夫妻から英訳に関するご指導を受けた。

詩句の背景となった因縁物語は、PTS版「ダンマパダ註釈(Dhammapadatthakatha)」「Buddhist Legents 28-29-30」を基礎資料に、その中から特に詩句と直接関係のある物語を要約した。読み易くするために物語の前後関係を一部変えたところもある。律蔵・増支部・本生経・長老偈・長老尼偈なども一部挿入している。

詩句の註釈は、詩句の中から特に重要と思われる語句を「南方仏教哲学教義概説(Abhidhammatthasangaha)を参考に註釈した。慈経・四念住経・無我相経・吉祥経・指鬘経・宝経・転法輪経・慈の修習・梵網経などのパーリ語経典は、パーリ原文と邦訳、あるいは邦訳の要約という形で紹介している。これらのパーリ語経典は日本ではまったく馴染みがないものであるが、ミャンマー・タイ・スリランカなどをはじめ世界の上座部仏教徒の間ではたいへんよく知られている仏典である。

仏陀の説法は対機説法であったと言われる。相手の智慧と知識の程度に応じて法を説かれ、時には身近な譬え話だけで済まされるなど、必要なことだけを仏陀は説かれたようである。そのため語句や教えの意味について弟子たちの間にいろいろな解釈が生まれ、仏滅後、経蔵と律蔵の語句の定義説明や註釈・修道過程の体系化など『論』に関する研究がサンガ(sangha)を中心に本格的にはじまった。

本書の付録は、『論』に関する仏典を参考にしながら、実践を基礎とする哲学理論をもつ仏陀の教えを初心者として理論的な理解を得ることを目標に、各詩句の註釈の中で断片的に説明したものを、心法・心所法・色法・涅槃とに分けてまとめたものである。
この付録は、すでに発行している『ダンマパダ』五分冊を学習用テキストとして利用されている読者諸氏からの熱心な質問に一つ一つ答えたものを基礎にしている。特に『ダンマパダ』は、仏陀が心について説かれた仏典であるため、ここでは心法と心所法の二つに重点を置いた。

その付録[1]第一章の89心法は、心の主体としての心法(citta-dhamma)を三性門(善心・不善心・無記心)を分類基準に心を89種に区分して要約。又、心の状態を基準に、欲界・色界・無色界を意味する世間法と出世間法とに分けている。『ダンマパダ』の舞台の中心は欲界である。それぞれの心がもつ因(貪因・瞋因・痴因・無貪因・無瞋因・無痴因)について知ることもできる。

第二章の52心所法は、主に法集論註を基礎資料に心法の属性としての52心所を説明している。同他心所13種・不善心所14種・浄心所25種に分け、比喩などを紹介しながら出来るだけ情緒的な表現を少なくすることを心掛けたが・・・。「89心と52心所との相応表」「40出世間心と52心所との相応表」は、心法と心所法の関係を図表にしたものである。

パーリ上座部仏教では、所縁の認識過程として14の心作用が教義的にまとめられている。第三章の第一節「89心と心作用」は、1.結生・2.有分・3.引転・4.見・5.聞・6.嗅・7.嘗・8.触・9.領受・10.推度・11.確定・12.速行・13.彼所縁・14.死の14心作用について簡略に、次の第二節「89心と五門作用」では、所縁を五官によって認識する心作用について説明している。心とは所縁を知る本質である。第三節「89心と意門作用」では、意識によって所縁を認識する心作用が同じ様に説かれている。

我が国では只管打座や公案禅が主流となっているが、第四節「89心と禅定作用」では、仏陀が説かれた本来の瞑想である止・観の修習の中の「止の修習」について、初禅を例にしてその心作用を要約している。又止修習の所縁となる四十業処についても清浄道論を参考に述べている。日夜座禅に励んでおられる方にとって理論的な理解を得るための一つの資料になればと思う。

第五節「89心と聖道作用」は、これも日本の仏教信者の間ではほとんど知られていないが、しかし、たいへん重要な心作用である。七清浄を中心に、「観の修習」によって悟りの第一段階である預流道を得る心作用(聖道作用)を例にして要約している。又悟りの各段階において捨断される煩悩について簡略に紹介している。第六節「89心と果定作用・滅尽定作用」は、因縁物語の中にも出てくる滅尽定について、第七節「89心と死・結生心」では、臨終時における所縁とその認識作用について、又次生の結生心について、それぞれを関連させながら図表などを用いて説明している。仏陀が説く輪廻転生について理論的な理解を得るための参考になれば幸甚である。

第四章の「色法」は、物質として28種の色を説き、色の生滅、色聚について基本的なことを紹介、これは、後記の付録(2)「生と死と脳死に関する問答」の中でウ.ヴィッジャーナンダ大長老が説かれた内容を理解するための予備知識として新たに追加してまとめ上げたものである。第五章「涅槃」では涅槃について要約している。

信仰の世界は、学校教育と同じように幼稚園・小学校・中学校・高等学校・大學・大学院と、学問・知識・経験など次第に程度が段階的に高まっていく。付録(2)の(A)沙弥用問題は、現代ミャンマー国で実施されているパーリ語仏典検定試験問題集から『ダンマパダ』に関係ある問題を一部選出したものである。参考までに正解も紹介している。

(B)「生と死と脳死に関する問答」は、本書の監修者ウ.ヴィッジャーナンダ大長老に筆者が代表して今日的な諸問題も含めていろいろ質問したものである。『ダンマパダ』に直接関係ないかもしれないが、「生とは?」「身体とは?」「心とは?」「心は身体のどこにあるか?」「脳死は人の死か?」など43の質問について上座部仏教の立場から答えていただいている。特に、脳死について仏教の立場から明確に回答されているその内容に日本人仏教徒の一人として大いに励まされる。

(C)「ミャンマー国僧院について」と(D)「世界平和パゴダ僧院所蔵仏典一覧」は、参考までにミャンマーの僧院の組織・日課・僧院とパゴダと瞑想センターの相違点、北九州門司区にある宗教法人・世界平和パゴダ僧院が所蔵するパーリ語仏典などを紹介した。

最後の索引は、固有名詞・非固有名詞・パーリ語に分類して。パーリ上座部仏教を学習されている初心者の方々になるべく便利につかえるように編集したものである。

前述の如く、本書は上座部仏教国(旧国名ビルマ)から来日されたウ.ヴィッジャーナンダ(U.Vijjananda Maha Thera)大長老猊下によって監修されたものである。同大長老猊下は、母国において権威あるダンマチャリヤ(Dhammacariya)学位の取得者であり、ミャンマー政府仏教会派遣僧として1979年8月に来日。北九州市門司区の世界平和パゴダ僧院に常住され、仏陀が説かれた戒律生活を厳守されながら布教・教化活動を続けておられる。

本書の作成に対して、多くの日本の人々に上座部仏教の教理を知ってもらいたいという御心から全面的な協力を賜り、詩句の邦訳から付録Aいたるまで細部にわたって直接指導を受ける機会に恵まれた。その真摯な教授のお陰によってたいへん内容充実したアップグレード版『ダンマパダ』となり、我が国最初の本格的な「上座部仏教入門書」として今ここに皆様の目に触れることができた。

この仏典中最古の聖句集である『ダンマパダ』は、仏陀が日常生活の中の出来事を通じて一人ひとりに法を説かれた生の言葉を集めた仏典である。真理を知りたい人に対して「来れ観よ(ehipassika)」という立場をとられた仏陀には一種の自由な雰囲気がある。それ故、仏陀を目には見えない宇宙の不思議な力、雲の上の神様という存在よりも、もっと身近に感じられ、「即破門にせよ!」と弟子を厳しく叱るなど人間臭さも感じられる。やさしい言葉で説かれているため仏陀を自分の知的レベルまで引き下げて解釈しすぎる傾向もあるが、しかし、その言葉一つ一つに実に味わい深い意味がある。これを、心の糧として、よく味わって自分のものにしていくことが、「心の清流を求めて」につながるのではないかという思いがする。

アップクグレード版出版に際して、全体にわたり表現の訂正と内容充実を幾度か試みたが、如何せん今だ完全を期したとは言い難く、今後の諸賢のご批判を待ちたい。

2000年5月
                                                                北嶋泰観