序文


仏教は釈迦牟尼の悟りにはじまった宗教である。悟りを開かれてから45年間、仏陀はあらゆる場所で、あらゆる階層の人々の悩みを聴かれてはその原因を明らかにされ、本人の個性に合わせてその解決方法をわかりやすく説かれた。

例えば、当時の日常語と言われるサマナ(samana)、ナーガ(nâga)、ワナ(vana)、ブラフマナ(brahmana)などわかりやすい言葉を使われ、具体的に「このような行ないをする人がサマナ[沙門]である」と説かれている。

この仏陀の説法を収録したのが『ダンマパダ』(Dhammapada)である。後の時代に「註釈書」が編纂され、背景となった因縁物語などを書き加えられ、さらに仏陀の教えがわかりやすく理解されるようになった。民族や宗教や国境を越えて、誰にでも親しまれる仏教経典となったのである。

20世紀初頭、西洋ではじめて翻訳された仏典は『ダンマパダ』である。そして現代も欧米の知識人たちに支持されている。私の国ミャンマーでは、比丘が知っていなければならない仏典の一つとして、パーリ語仏典検定試験の沙弥用試験にも出題されるほどである。

日本では、『法句経』と呼ばれ、漢訳された大蔵経に一応収められてはいたが、その価値があまり評価されず主要な経典から長い間外され続けていた歴史があると聞く。ようやく明治時代以降、当時欧州においてパーリ仏教の研究がさかんにおこなわれていた影響を受けて日本の知識人にも『ダンマパダ』が少しずつ知られるようになり、近年にはいろいろな学者によって漢訳仏典と英訳を基礎にしてパーリ語から日本語に翻訳されるようになったようである。しかし、残念なことに今日までその多くは詩偈だけの翻訳に限られていた。

今回、北嶋泰観氏によって註釈編集されたアップグレード版『ダンマパダ』は、全423詩偈だけでなく、詩偈の背景にある303の因縁物語まで翻訳され、又、「付録」という形で『ダンマパダ』の内容と関連させながらパーリ上座部仏教の基礎的な教えについてもアビダンマ的に要約されている。さらに日本の人々には馴染みが少ないパーリ語経蔵や律蔵なども一部紹介され、沙弥用パーリ語検定試験や私との問答「生と死と脳死に関する問答」編などもあり、盛り沢山である。


私は、8年前の夏、高野山の成福院にて初めて北嶋氏を紹介されて、それ以来『ダンマパダ』の監修にたずさわってきた。仏教本来の教えを理解したいと念じて発行された本書は、上座部仏教を初めて学習される日本の方々にとって、実に入門時の必読書といえる内容となっている。

今日、本書の原稿を一枚一枚めくりながら、あの神戸淡路大震災にも負けず、長い歳月をかけて地道に努力を積み重ねてこられた北嶋泰観氏に対して、衷心よりお祝いを申し上げると同時に、今後益々のご発展とご健勝をお祈り申し上げるしだいである。


2000年5月14日

                                           ウ.ウィジャーナンダ大長老
                                            (U.Vijjânanda Mahâ Thera)